スポンサーサイト

PR
---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PR

---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ




タバコ 禁煙

PR
---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ

タバコ 禁煙


タバコの禁煙とは、なかなか難しいのが現状です。


タバコを吸いますと、体の中ではどのようになるのでしょうか。


タバコの中のニコンチンは、急激に血中に吸収され交感神経系を刺激して血管を収縮し、


血圧・心拍を高めて血管の負担を強めますから、全身の動脈硬化を進行させます。


末梢の血流を悪化させるため、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるほか、肌の血流が下がり肌が荒れてきます。


最近の報告によると、ニコチンは肺癌を発生させる原因ではありませんが、


一度できた肺癌の成長を促進することが研究で解りました。


ニコチンはまた、脳内のドパミン放出ニューロンを変質させて、


強い依存性を作ります。「依存性」とは、一般用語で言うところの「中毒」です。


つまりやめられなくなる、ということです。


また、一酸化炭素は赤血球と結びつき、赤血球が酸素を運ぶ能力を強く阻害します。


そのため、全身の細胞に届けられる酸素量が減るので運動能力や思考能力が低下したり、


代謝が低下することになります。息切れやスタミナ不足を生じたり、集中力や仕事効率も低下します。


タバコは、体にとって、何一つ、良い事がありません。

PR

---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---

トップページへ




スポンサーサイト
項目

About all of Asia Travel:Mail order:Work:Movie:Video Game
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。